葬儀社ピープル。東京都足立区梅島の葬儀社、安心葬儀費用、足立区だけでなく東京都23区対応、家族葬など

・お葬式の意味

gigお葬式の意味は・・・
gig2

お葬式のかたちは 時代とともに変化してきました。 戦後お葬式は自宅で隣組の人たちの協力無しには行うことが出来ない儀式でした。しかし高度経済成長の時代になると葬儀社がお葬式をとり仕切るようになり、地域との関わり方も変化してまいります。 さらに住宅の小規模化が進み、斎場や葬儀会館でお葬式を行うようになります。そして今は家族だけで行う「家族葬」という葬儀形態までも確立したほど、お葬式は小規模化傾向にあります こうしてお葬式のかたちは変化してきましたが、お葬式の意味は今も昔も変わりません。「お葬式」4つの意味を通して何か大事なものを見つめられる機会になっていただければと思います。

・宗教的な意味・・・<祈り>

A4AAC1F2BCB0A1A1B5A7A4EA-thumbnail2当たり前のことですが「お葬式」は故人のために行われます。 西洋の東西を問わず人が亡くなったら、遺された人たちは身 体から魂や霊が離れると考え、その魂や霊が迷わないよう、あの世でも幸せでいられるように祈りました。それが「お葬  式」の始まりのようです。それを仏教では“供養”と言いますし、神道では“鎮魂”と言います。またキリスト教では 人はみな 神のもとへ帰るとされ「お葬式」においては“追悼”と言われております。どうやら「お葬式」で最も大切なのは 宗教宗派に 関わらずこの共通した“祈り”にあるのではないでしょうか?

・社会的な意味・・・<別れ>

A4AAC1F2BCB0A1A1CACCA4EC-thumbnail2お 葬式は 故人と遺された人との別れの儀式とも言えるでしょう 遺された人というのは まず“家族”です そして“友人知人”でもあります 人が社会的な存在であり 人との関わりの中で生きてきたからこそお葬式は“お別れの場”でもあると言えましょう 故人と お別れをするのは 家族や友人知人ですが お葬式会場に たくさんの参列者を呼ぶことが必ずしも“正しいお別れの場”であるとも思えません そこで“誰のためのお葬式”なのか“誰と誰のお別れ”なのか“お別れで何が大切”なのかをよく考えて儀式にのぞみたいものです。

・精神的な意味・・・<癒す>

A4AAC1F2BCB0A1A1CCFEA4B9-thumbnail2愛する者を亡くした時、人は悲しみに直面します。夫のお葬式で「夫がいないけど 何処へ行ったのだろう?」と戸惑う女性の話を聞いたことがあります。それほど死は人を錯乱させるようです。そして長い時間をかけてその悲しみから立ち直っていきます。今この“悲しみを乗り越える心の作業”のことを“グリーフワーク”といいます。お葬式の一連の流れによって人は愛する者が亡くなったことを受け入れて、少しずつですが癒されていき、心にけじめをつけて日常生活を始めるための準備をしているようです。どうやらお葬式自体が合理性もあわせもった “グリーフワーク”になっていると言えましょう。

・物理的な意味・・・<火葬>

A4AAC1F2BCB0A1A1B2D0C1F2-thumbnail2人の身体は死の瞬間から少しずつ傷んでいきます。普通はドライアイスを処置して遺体を冷やし腐敗の進行を遅らせます。しかしそれも限界があり生前のままを保つことはできません。 “遺体処理”という言い方をすると何か亡くなった人を軽んじているように聞こえますが、人が亡くなったら速やかに“火葬”を考えないわけにはまいりません。遺体が傷んでいく姿を見ないですむように、また病原菌が繁殖して遺された人に感染しないようにするためのものでもあります。お葬式には こうした物理的な役割もあるのです。

足立区の葬儀社ピープルは24時間年中無休、まずはお電話0120-194-249へ TEL 0120-194-249 24時間年中無休

PAGETOP
Copyright © 株式会社ピープル All Rights Reserved.